2007年07月06日

新居のアパート探し

一人暮らしもしたことのない私が必死で、賃貸の住宅雑誌を見ながら、新居探し。

見慣れない間取り図や、管理費って?2DKってどんな部屋?←こんなことも分からない私も毎週、駅で新しく発行されたフリーペーパーを見ながら色々なコトが分かってくる。

新居探しで、一番必要とした条件は、
1.追い炊き風呂
2.駐車場・管理費込みで7万円以内
3.駅から徒歩10分以内
4.2階以上
5.40u以上の部屋

追い炊き風呂は絶対に譲れない条件でした。
でも、賃貸アパートで『追い炊き』に設定して、ネットで検索するだけで、100件あった物件が50件以下に絞られてしまう現実。

まずは、友人の勤める某不動産会社へ行くことに・・・。
その不動産は、会社が所有する3、4件の物件しか紹介してくれず、しかも、私の予算以上に高い物件。
「新婚なら、これぐらい出しても・・・」と言ってくる始末。
んーーー。モノにならない住居費で一万円も高い物件に住むなら、一万円安いアパートに住んで、その分貯金したい!と思っていたので、
この不動産会社は却下。

次々ーー!!

次は、安い物件を沢山紹介している、仲介業者へ。
確かに、安い。
けど、車通勤している彼にとっては、とても不便な細い道。
そして、周辺は畑・・・。
いくつか物件を紹介してくれたものの、こちらもお断り。

最終的にたどり着いたのは、地元をよく知っている昔からある不動産会社。
聞くところによると、不動産会社は横の繋がりが強いらしく、その不動産が所有していない物件でも、色々紹介してくれる。
例えば、道を歩いていて、外観がよく、場所もいい、あそこのアパートの空きはないのか?と聞けば、すぐに電話して聞いてくれる。

最初に行った友人の不動産会社は、知名度は高いが、賃貸に関してはあまり他の不動産と繋がりがないと後々分かりました。

新居を探すなら、昔からある地元の不動産会社に行って、話しをじっくり聞くのが、一番早く、希望する物件が見つかる方法だと思います。物件探しには是非地元の不動産やさんへ♪

私達が、最終的に決めた物件は
・追い炊き風呂。
・駅から徒歩5分。
・42平米(2DK)
・家賃は駐車場・管理費込みで77000円(駐車場5000円 管理費2000円)
・2階 角部屋

周辺(自転車で5分以内)
・郵便局、銀行、スーパー(3件)、ドラッグストア、図書館など

今現在、住み始めて3年目になりますが、一番の条件だった追い炊き風呂。これは、譲らなくてよかった〜と実感しています。冬場疲れている時などは、暖かいお風呂に入りたいし、すぐ沸くし!最高です♪

そして、雨の日でも5分で駅に着く便利さ!派遣で働く私にとっては、駅近物件はありがたいです。

予算より高くなった家賃(^_^;)
さらに角部屋は2000円プラスでしたが、角部屋にして正解!ただでさえ窓の少ないアパートは、部屋も暗ければ、風通しも悪い。寝室の出窓ともう一つの窓を開けて、リビングの部屋の窓を開ければうまく風が流れます。
寝室は真夏の暑い日でも扇風機のタイマー設定だけで、過ごせます。

周りは、高い建物を建ててはイケない地域となっているので、高いビルもないし、日当たりもいいですよ。

新居を決める上で大事なのは、旦那さまより家事や育児が中心となる奥様が最終決断をする方がいいかな。と思います。

家にいる時間が多いのは奥さんだし。住み心地のよい新居探しを♪






タグ:新居 賃貸
posted by haken at 00:04 | TrackBack(0) | 結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46865583
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。